はやけん応援隊


by bikke712
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

King of Monkey Tour! in 大阪

e0050683_22423337.jpg
あら〜写真とるの忘れてました(汗)
という訳で、チケットで失礼します(^-^;
ツアー2日目です!
福岡に増して、暑〜〜い夜となりました♪



~大阪FAN J Twice~
ツアー2日目!
今夜の林田さんは、赤のトレンチ(胸元にラインストーンでKJ?のような文字が)
サングラス、白のシャツ&黒のパンツ
前日のコートはk、やはり暑かったのでしょうか・・・
今夜も、最初からかなり飛ばしてますよ♪
曲の最後でハーモニカ(?)が入る「こんなもんじゃない」では、ポケットに入れていたハーモニカが、なかなか出てこず慌てる小ハプニングに始まり「Bobby」、「Diamond」でジャンプジャンプ!
途中、掛けていたサングラスを会場に投げ入れてました。
実は、始まる前から頭が痛くなってきて、やばいな〜と思いながらもジャンプしてしまった(笑)
おまけに、照明がフラッシュバック!クラクラものでした(笑)この照明の演出は福岡では無かったな〜。
曲順は前日と変わらずですが、前日もパワフルなステージをしたとは思えない程、というよりもっとパワフル!
「Rainbow Tears」では、歌詞がスポ〜ンと抜けてしまったようで、演奏をストップして、ステージをウロウロ・・・
会場に求めてみたり、でも、なかなか出てこない・・・その様子を見ていたスタッフの方が走って歌詞カードを持って来てくれ「そっか〜!」で、MCから再開(笑)
こんなハプニングがあっても泣けそうになる、この曲って凄いね!
「C65 Beach Hotel」は,前日と同じくトコさんとの絡み、今回は、ゆっくり歩いて近づいて来てました。
昨夜より腰手回し時間が長めでしたね(笑)
「King of Monkey」は、やはりあのテーマ曲からスタート、今回は外しませんよ〜!
モンキー!お猿のまねして、叫ぶ私たち(笑)あはは!後は踊りまくり♪
気がついたら、頭痛もどこかへ〜大音量なのにね〜(笑)
ストレス発散したら消えちゃうよね(^-^)「レッドメガホン」ではメガホン3個投げ入れ。2階の人にも届くように投げたらしいのですが
残念!届かず!それにしても、この曲は、すっかりライブで定番になりましたね♪
そういえば、今回はギターやベースPLAYがないんです。でも、東京ライブでは何かあるらしいですよ〜いいなぁ〜行きたかったな〜
今回2度目の早口歌(笑)「Crime of God」歌詞はスラスラ出るのに、どうしても『Raphles』は噛んじゃう・・・
何故でしょうね?林田さん?(笑)
「Motto×××」では、昨夜の演出が上手く行かず、あわや皆、引けてしまうギリギリでセーフ!
凄く、ゆっくり歩いて引けようとする皆さんが何とも微笑ましかったです(笑)
アンコールは、福岡と同じ3曲でしたが、大阪では、Wアンコール!
今回のツアー、用意してくれてたんだ〜福岡では、直ぐに客電がついて、終わりと判断してしまったのですが・・・
ごめんなさい〜(汗)
アコースティックギターを抱えて登場!
何も用意してないんですよ〜(笑)と言いながら、「何が良いです?」に会場から「SHERRY〜!」
「おっ!いいね、でもコードが分からないな〜」とつぶやきながらワンコーラス演奏。シンプルな演奏だけど声だけで聴かせてくれるのは
流石です♪そして「Love Line」フルコーラス聴きたかったな〜また皆で歌いたいですね。
そして、密かに大好きな曲となってる、「夏模様(原曲バージョン)」この曲、いつかCDに入れてくれないかな?ホントに良い曲です♪
林田さんのCDに入るときはタイトル変わるのかしら??

福岡も、大阪の会場の人たちと、アイコンタクト?と思えるくらい見ながら歌っていて、声の伸びも良いし、動きも軽やか!
ホントに最高のライブでした♪


MC集
「EROTICAOでも大阪来ましたね。あの時は大変でしたね、薫さんが駐禁きられて。」
「今回、3人の女性の方に歌詞を書いていただきました。(晴れ・・・1999の話)ナ〜ナナ〜ナって感じで、ナを入れてくださいとお願いしたら、こんな悲しい曲になってしまいました(笑)」
「「Raphles Resurrection」のジャケット写真ですが、実は海遊館で撮った写真なんです。あの時、肝機能が弱っていて、儚げな感じが良いという事で採用されました(笑)」
「(EROTICAOのアルバムが4月に出る話)薫さんが、キューバに行ってる間に歌っときゃ良かったな〜(by林田)そうですよ、帰って来たら何にも進んでない・・(by薫さん)すみません(by林田)」
「(東京コールプロジェクトのアルバムの話)バラード、この曲出来た時、俺って天才って思いました(笑)いい出来だよな〜まあ、批判は色々あると思いますが(賛否両論?)これで、プロジェクト終了です!」
「歌スタ★に出てまして。TVに出るの嫌いなんですが、あれは収録が短くて、終わったらすぐに帰れるから良いんです(笑)F0過ぎて、そろそろ若い人を育てなきゃ、という事で林田の曲を歌ってくれる人がいないかと思ってるんですが、なかなか難しいです。皆さんも出てみます?(笑)」

musicians
be-san(Hayashibe Naoki) (G)
Kaoru Itoh (Key)
hideyuki komatsu (B)
Tetsuya Hatano (Dr)
TOKO (Amazonz)(Cho)
[PR]
by bikke712 | 2007-03-01 23:12 | Kenji Hayashida