はやけん応援隊


by bikke712
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

king of Monkey Tour! in 福岡

e0050683_22271559.jpg
やっとupできました(笑)
でも、記憶が、かなり曖昧でございます〜わらって許してくださいませ(笑)
久しぶりの来福、めっちゃ嬉しかった〜!来てくれて有り難う♪




20070223 DRUM Be-1
全体を見回してみると会場には人人人!
新譜が流れる会場中、久しぶりの福岡で皆心待ちにしていよって雰囲気が漂ってます♪
オープニングは「こんなもんじゃない」ご無沙汰です〜!
今回のツアーの意気込みを感じられる、一曲目じゃあないですか!
林田さんは、黒のロングコートにサングラス、黒のシャツ&パンツ、髪は少しパーマがかかった感じ。出て来た瞬間、どきっ!として思わず固まってしまいそうに・・いや、本当にかっこ良かった♪そしてまたまた、お久しぶりの「Bobby」!から新曲「DIAMOND」へ、やっぱりこの曲は凄い!JAZZ調にはじまり、ロック、ラップと多彩な音に仕上がってる。これらをこれだけ格好良くまとめれるなんて、やっぱ凄いね♪ただ、残念な事に、自分がこのリズムについて行けてなかった(笑)聞き込みが足りんよ(笑)
「Loose room show time」ではアマゾンズのトコさんと掛け合い♪
トコさんの声が低めの声なので、シチュエーションは年上の女性&年下の男って感じかな〜(笑)歌は喧嘩してる歌詞なのですが、「(トコさんとは)本当は仲いいんですよ♪(by林田さん)」とのとこ、「花に水やるラブソング」「Y.T.O」新旧取り混ぜ飛ばしてます!「晴れ‥・1999」だめな男だな〜と、ぼそり(笑)
待ってました!「Rainbow tears」本当に良い歌、泣ける‥・それまでのアップテンポな曲の声とまた違って、凄く澄んだ声にホロリ‥・・
照明も曲に合わせて七色に演出。
「C65」では再びトコさんと絡みです。ちょっときどったポージングでトコさんのソロ部分を聴いていた林田さん、時間を取りすぎたか??スライディングでマイクに戻ってました。トコさんのソロがまた良い!フェイクがカッコいい!!歌詞に合わせて、林田さんがトコさんの後ろから、腰に手をまわす‥
見つめ合う二人にドキマギ(笑)ん〜大人な雰囲気ですね!
林田さんの手にICレコーダーの様なものが??何??と思っていたら、「次はこの曲!」何やら音楽が流れてくる・・・聴いた事があるような・・??
ん?西遊記のオープニング??? で、「King of Monkey」・・・あっ!なるほどMonkeyつながりね(笑)ロック林田!いいねっ!
「レッドメガホン」では、お約束メガホン2個投げ入れてました。やっぱ取れないね〜残念!
今回はアッパー系で行きますよ!の言葉通り、まだまだ飛ばしますよ〜「Crime of god」回る!跳ねる!汗がここまで飛んでくるほど!
ホントに今日はパワフルだな〜熱いものがズシンと響いて最高に気持ちいい!と思っていたら、「ありがとうございました!」とメンバー皆ステージを後にしようとして「ええっ!終わり??」と思っていた所へ、「Motto×××」がNew Albumのバージョンが流れて来て、「もっと〜!(会場)」「え?もっと?(林田)」なんだ!演出なのね〜(笑)
途中、歌詞が飛んでしまった林田さんの目が一際大きく見開かれ「なんだっけ?」と会場に答えを求める姿が焼き付いてます(笑)
アンコールは、「Don't Give Up」久しぶりに聴いたような、おっ、やっぱ良いね♪ホントに君に拍手だよ!!あれ?ここで開脚だったかな?(笑)
記憶が飛びまくってます(笑)「今日は俺がダンサーだ!」ってな訳で、「彼女はDancer」!林田さん、今回はタンバリン♪バンドの皆さん、それぞれが歌うこの曲、楽しいです♪
最後に「今夜はおいらがタンバリン!」(by林田)そして「COOL」で〆。
単独ライブはCrossPoint以来でしょうか?来てくれて本当に有り難う!あつ〜〜い!最高のライブでした♪

MC集
「福岡何年ぶりでしょうか・・」会場からの返しが無く、「分からないくらい前ですね(笑)」
「EROTICAOで来ましたね。あのときは大変でした。(車で来福)今回は飛行機で来れて良かったですね」
「EROTICAO、4月にアルバムが出ますが、歌入れ、いつしてくれるんですか?(by薫さん)すみません!でも僕も色々と忙しいんですよ(笑)」
「先日、矢沢永吉さんのライブに行きまして。凄いですね〜こう、タオルを投げるじゃないですか、あれをしようと思って、タオル買っちゃいました。(笑)」
「New album「Raphles Resurrection」(Raphlesを噛んで、なかなか言えずの林田さん)ジャケットのデザインは、前回はデビルマンな林田だったので すが(single)今回は天使になりました。」
「(東京コールのキャンペーンでの話)あの、何ていうところでしたっけ?海釣り公園?色々連れ回されて・・(今の話は無し!みたいに)いやいやいや(笑)」
「東京コールプロジェクトというのもやっているのですが、4月に全国コールがでます。博多コール、聴いた事あります?バラードも作ったのですが。こ   れが、俺って天才?って思った出来なんですよ(笑い)で、牛乳コール、あっ!言っちゃって良かったんだっけ?(笑)も作りました(笑)」
「(東京コールプロジェクトの賛否両論の話から)これは嫌いでもいいんです。でも僕は音楽しか出来ないので、音楽を通して皆が楽しんでもらえることをやっていこうと思います」
「(明日は大阪のでライブの話)来ちゃいなよ!」(私たちグループのハマり文句となりました。(笑))

musicians
be-san(Hayashibe Naoki) (G)
Kaoru Itoh (Key)
hideyuki komatsu (B)
Tetsuya Hatano (Dr)
TOKO (Amazonz)(Cho)
[PR]
by bikke712 | 2007-03-01 22:32 | Kenji Hayashida